読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・日刊ゲーハー板ヲチblog

かつて一世を風靡した(であろう)「日刊ゲーハー板ヲチblog」管理人とは全くの別人です。

さくまあきらとかいう自称クリエイターは、自分が落ち目になったということにまだ気づいていないようですね

生みの親が「桃太郎電鉄を正式に終了」 ゲーム会社との間に何があったのか?
大ヒットゲームシリーズ「桃太郎電鉄」の生みの親でクリエイターのさくまあきらさん(62)がツイッターで、ゲーム会社と担当者の実名をあげて激しく非難し、「桃太郎電鉄は、正式に終了します」と宣言した。

桃鉄」はゲーム会社ハドソンのシリーズだったが、2011年にハドソンコナミの完全子会社となり、翌12年にコナミデジタルエンタテインメントに吸収合併された。この頃から、さくまさんとコナミの関係に齟齬が生じていたようで、さくまさんはこれまでもコナミに対する批判と「桃鉄」の終了を口にしていた。 【以下略】
http://www.j-cast.com/2015/06/03236865.html?p=all

桃鉄シリーズ最新作が3DSで登場。「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」が今冬に発売予定
任天堂は,2016年9月1日に配信されたプレゼンテーション映像「Nintendo 3DS Direct 2016.9.1」にて,桃鉄シリーズ最新作となる3DS用ソフト「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」を今冬に発売予定だと発表した。登場するカードは130枚,購入できる物件や名産品など,ゲーム中のさまざまな要素がこれまでのシリーズ以上にボリュームアップしているとのことだ。
http://www.4gamer.net/games/354/G035492/20160901151/

なんでも、桃太郎電鉄っていうゲームソフトを開発して天狗になっている自称クリエイター・さくまあきらが、コナミから相手にされなくなって相当憤っているみたいですね。

桃太郎電鉄ってのは、スーパーマリオドンキーコングと同じく、おっさんゲーマーのノスタルジーをくすぐるゲームソフトとして知られています。コナミの戦略転換に堪忍袋の緒が切れたさくまあきらを救おうと任天堂が動き出したそうなんですが、要は任天堂お得意の「ノスタルジー戦法」にさくまあきらがまんまと釣られただけですよね。

ご存知の方もいらっしゃいますが、ビジネスの世界において生き残りのために大胆な方針転換を図る企業は少なくありません。コナミも同様なんですが、なぜか任豚の間では評判が良くないらしいです。単にコナミが「もうゲームじゃ飯が食えない」と判断しただけなのに、経営に感情を持ち込もうとする任豚の神経は理解できませんね。まさか、我が親愛なるSCEはもう桃鉄に手を出さないとは思いますが、どうなんでしょうか。

f:id:fuckin-sony:20161009095630j:plain