新・日刊ゲーハー板ヲチblog

かつて一世を風靡した(であろう)「日刊ゲーハー板ヲチblog」管理人とは全くの別人です。

「ポケモンGO」に脳味噌を溶かされた人たち

ポケモンGO「聖地と言わないで」 違法駐車や看板破壊
仲程雄平 2016年7月29日17時10分

スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の「聖地」として愛好者が殺到中の鶴舞(つるま)公園(名古屋市昭和区)周辺で、駐車違反が相次いでいる。園内では立て看板が壊される被害もあり、県警と公園はルールを守るよう呼びかけている。

上空から見ると、ポケモンを捕まえる「モンスターボール」に似ていると話題の噴水塔周辺。28日午後10時過ぎになっても、スマホ片手にゲームを楽しむ若者らでにぎわっていた。

ゲームの国内配信が始まった22日以降、県警には「駐車車両があり通りにくい」などの通報が続く。周辺に駐車場が少なく、公園駐車場は午後9時半に閉鎖するため、それ以降は特に駐車違反が増える。コーンや柵を置き対策をしても、動かして駐車する人もいるという。

28日夜、公園付近の駐車禁止の道路の一部には、約250メートルの間に40台が駐車されていた。愛知県尾張旭市の会社員男性(23)は「ポケモンGOをやりに来た。迷惑なのは分かるけど、みんなが止めているから気にしていない。駐車禁止で取り締まりにあうのは承知のうえです」と話した。

周辺の住民は困っている。自営業男性(69)は「違法駐車で道が狭くなるのですごく危ない。コーンが置かれたことで少しマシになったが、夜中にクラクションが鳴ってうるさいこともある。いい迷惑だ」。主婦(72)は「若者たちが夜中までぎゃーぎゃーとうるさい。『聖地』なんて言わないでほしい」と不満を口にした。

県警は、29日夜から翌日未明にかけて、機動隊なども動員し、公園周辺の違法駐車を一斉に取り締まる。

マナー違反も目立つ。「歩きスマホ」の注意看板を園内に設置したが壊され、ごみを捨てる人も後を絶たない。公園事務所の担当者は「来ていただけるのはうれしいが、マナーを守って楽しんで」と訴えた。

http://www.asahi.com/articles/ASJ7X56FNJ7XOIPE024.html

任豚ならやりかねんと思っていましたが、まさかここまでとは。

ツイッター上では「駐車場を開放しない行政が悪い」「公園はみんなのものなんだから問題ない」とかほざいている任豚がわらわらいますが、そもそも「自由」というものは必要最低限の「倫理」というものがあって初めて成り立つものなので、とりあえず自称良識派(笑)の皆さんがお金を出し合って、任豚向けの啓発活動でもやったほうが手っ取り早いんじゃないでしょうか。

まぁ、歩きスマホ注意の看板を壊すDQNに何言っても無駄だとは思いますが。